2010年05月16日

ざうるすその後

先週は風邪引いてしまってあまり弄れませんでしたが、それでもなんとかおおよその特徴はつかみました。

まず、残念な点が一点。
液晶に圧迫痕がありましたorz。
まあこいつで動画や画像を見る気はありませんから特に実害は無いとはいえとても残念でした。

以下、感想をば。
・筐体はとてもすばらしい。Netwalkerもこいつの筐体で出してくれれば即買いなんですがw
・キーボードは配列に結構癖がありますね。特に数字がFn同時押しなのでちょいとめんどくさい。
・内臓のソフトウェアはさすがに古臭い。
・古臭いなりにそれなりにキビキビ動いてくれる。
・willcomのCF型通信カードAX420Nはカード名の認識はできないが使用は問題なさそう。

AX420Nが使えたのが一番うれしいですね。
128kbpsとはいえ月々980円ですし、au使いの私にはスマートフォンの選択肢がほぼ無いですから、キーボード付きの携帯端末でお安く通信ができるというのはとてもありがたいです。

それに、webから落としたhtmlファイルをオフラインで読む習慣がある私にとって、それが簡単にできないiphoneやandroid端末にはなかなか手が伸びないのです。
たぶんセキュリティの絡みなんでしょうが、両OSのローカルファイルの扱い辛さはどうにかならないものですかねぇ・・・。
ラベル:SL-6000 Zaurus AX420N
posted by kana at 21:43| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。